将来のために|キャリアカレッジジャパンが人生の分岐点になる!

キャリアカレッジジャパンが人生の分岐点になる!

将来のために

勉強道具

知っておくと良い事

医療系の学校はほかの学科と比較し、学費がやや高めです。また、教科書代やユニフォーム代と別途にお金もかかります。そんな医療学生の多くは奨学金を利用し勉強をしています。なかでも日本学生支援機構が有名で、有利子・無利子の奨学金を学生時代に借りることが出来ます。そんな中、病院奨学金という制度があります。病院奨学金は、卒業後の就学先を附属の病院に一定期間進学することで、普通は行わなければいけない奨学金返済をしなくてすむ制度です。とくに私立や公立で行われていることが多い制度です。病院奨学金は日本学生支援機構とほとんど変わらない奨学金をもらうことが出来、なおかつ返却することのないメリットがあります。その反面、仕事を辞めると奨学金を返済しなければいけないデメリットが発生します。

知っておくと良い事

病院奨学金は月に3万〜7万程度の幅があり、各々の希望に沿った奨学金を受け取ることが出来ます。ただ、前述のとおり、指定された付属の病院に進学しなければいけません。3年間〜5年間の奉仕期間を設けている病院が多く、途中で離職してしまった際は奨学金を病院に支払わなければいけないことになっています。病院奨学金は希望する病院がすでにある人は、その奨学金制度を設けている看護学校の進学を考えてみても良いかもしれません。また、看護師として働きだすとあっという間に時間は過ぎてしまうので、3年間は意外と短いです。普通の奨学金は利子がつきながら、お給料から返済していきますが、病院奨学金は返却することなくお金を貯金できるので、学費が心配な人にはおすすめです。