人の役に立つ仕事をしよう|キャリアカレッジジャパンが人生の分岐点になる!

キャリアカレッジジャパンが人生の分岐点になる!

人の役に立つ仕事をしよう

カウンセリング

取得後の環境を考える

心理カウンセラーといっても様々種類の資格があります。また、心理カウンセラーの資格を取得するにあたって取得後後悔しないためにも、自分に適性があるのかよく考えることも大切です。心理カウンセラーは資格習得後、活躍する分野や場所によって相談者の年齢や悩みが大きく異なってくるので自分がそれに対応できるのかということも重要です。また、せっかく心理カウンセラーの資格を取得しても活躍する場がなければ無駄になってしまいます。習得前に活躍できる場があるのかリサーチすることも大切です。独立を考えている人は、独立したときに自分の顧客がどのくらい確保できるのかをあらかじめ考えておくことも大切です。自信がない場合はどこかに所属し、顧客を確保してからの独立がおすすめです。

カウンセリングの仕事

心理カウンセラーは、悩みを持っている相談者の話をじっくり聞き、その人にとって最適な方法を一緒に探していく特徴をもつ職業です。近年、ストレス社会ともいえる環境で精神科より気軽に行きやすいと年々需要が増えている職業でもあります。心理カウンセラーは相談者の悩みをよく聞くことが大切になります。そのため、人の話をよく聞くことができる人や、相談者が悩みを打ち明けやすい人であることがこの職業に向いている人となります。また、相談者の悩みを聞いて指図するようなことをせず、あくまでも相談者自身が解決方法を決めるように導いていくことができるのも重要になってきます。相手の話に共感することは大切ですが、共感しすぎると冷静な判断が難しくなってくるので相談者との距離が近くなりすぎないように意識するのも大切です。